HOME>イチオシ情報>自分に合った賃貸をスムーズに見つけるための基礎知識
家の模型とお金

場所を決めておく

学校や仕事などの都合で単身で西東京市内に引越す場合、不動産会社で賃貸物件を借りるケースがほとんどです。西東京市に引越すと決めたなら、最初に賃貸情報サイトを使って部屋を見つける作業からスタートするのが普通です。賃貸情報サイトはとても便利で、ネット環境があれば誰でも見られるし、どこに住んでいても24時間いつでも部屋探しができます。賃貸物件の数は西東京市内に数え切れないくらいあり、さらに市内はとても広いので漠然と探していては時間がかかるばかりです。時間をかければいいというわけではないので、効率よく探すために住みたい路線や駅を最初に決めておくことが大事です。学校や仕事場に近い場所、よく行く場所にアクセスしやすい駅、近くに駅やバス停があるかなどをチェックしていけば、おのずと住みやすいエリアが絞られてきます。

家賃と管理費を決める

場所の次に決めたほうがいい条件の一つが、家賃の上限です。西東京市の単身向け賃貸マンション・アパートの場合、ワンルームで3万円~5万円くらいが相場です。基本的な情報としてどこの賃貸も最寄駅に近いほど家賃が高くなりますし、遠いほど安くなります。賃貸に住むと毎月家賃の他に管理費(共益費)がかかります。家賃は賃貸の持ち主である大家さんに、管理費は管理会社に支払う費用で、不動産会社を通して月末にまとめて振り込むのが一般的です。なので最初に家賃だけではなく+管理費(共益費)の費用を決めておいてから部屋探しをするのがポイントとなります。さらにマイカーがある場合は駐車場代もプラスしてから探すことが大事です。このように場所と家賃を決めてから探せば、自分に最適な賃貸が効率的に見つかります。

広告募集中